カテゴリー&RSS
H体験月別
最近のブログ記事
ブログ内検索

最近のコメント
オナホランキング

SEXよりもオナニーの方が快楽が大きい事はご存知かと思いますが、そのオナニーでさらに快楽を得る方法て知ってるかい?答えは皆さんもご存知のオナホール。一度使えばSEXよりオナニーより数倍の快楽を得られる人類史上最強の快楽マシーン。人生で損をしたく無い人は騙されと思って一度使ってごらん。まじヤバイからww




注目!MLSで購入すると!
通常配送でも家族に怪しまれる事なく パソコン部品として偽装配達されます

出会える系サイトの攻略方
有料出会い

無料出会い系サイトより有料出会い系サイトの方の確実に女の子を落とせます。有料出会い系サイト攻略法

ネット初心者向け
アダルトサイト

インターネット初心者の為の安全にアダルトサイトで遊ぶ為のスクール。ネット初心者必見!

無料動画300本以上
無修正動画

海外サーバーから配信される無修正動画のサンプル動画を毎日、数十本も無料で配信中!


全最新記事一覧


【H体験談】大好きで告白した先輩が実は友人とセフレ関係だった~前編~

320 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:38:01.09 ID:VeZltx4N0 [1/31]
H体験談
何年も前、すごい好きだった大学の先輩の話を書きます。
予め最後まで書いたけど、結構長くなったから規制によっては何日かかけて投下するかも。

いつもサバサバしていて、男前なキャラの先輩だった。
同姓異性、年上年下関わらず友人が多く、ノリの良い性格なんだけど、
かといって中心人物になりたがるような出しゃばりでもなかった。
ぶっきらぼうでガサツな感じすらするのに、いつも飲み会では最後は店員さんと一緒に片付けしたりとかそんな人。
見た目はまんま宇多田ヒカル。髪はセミロング。
喋り方とか声も似てるから、本当にそっくりさんとかでTV出れるレベルだと思う。
歌は下手だけど。
でもそれを自分からネタにして笑いにしたりとか、そういう器量が大きいところも好きだった。
体型も似てて、あんまり身体の線が出やすい服装って見たことないんだけど、全体的にぽちゃ気味で、明らかに胸も大きいのは明らかだった。
そういえば先輩がスカートを履いてるのを見たことがない。
いつもジーンズにTシャツの、ラフなカジュアルって感じ。


キーワード関連サイト
セックスフレンド :人妻体験談 - セックスフレンドを簡単に作る方法があります!
321 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:38:49.91 ID:VeZltx4N0 [2/31]

そんなヒカル先輩とは、大学入学時から知り合いだった。
入学直後のキャンパスのサークルの勧誘で、声をかけてきたのがヒカル先輩だった。
サークルなんて別にどこでも良かったし、一目惚れしたわけでもなかったけど、第一印象からこんな人なら誰とでもすぐ仲良くなれるんだろうな、と思わせるような人だった。
内向的な自分とは正反対で、羨ましくもあり、正直妬ましくもあった。
ちなみに軽音楽部。
もちろん先輩はVoじゃない。キーボード。
たまにネタというか余興でやることもある。
見た目や声、喋り方まで宇多田ヒカルにそっくりだから、すごい下手で当然ウケるんだけど、でも誰も馬鹿にして笑うって感じじゃなくて、やっぱり先輩は皆に愛されてるな~って実感できるような雰囲気だった。


322 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:39:48.43 ID:VeZltx4N0 [3/31]

好きになったきっかけや時期は覚えていない。
わりと早かったと思う。2~3ヶ月くらい。
いつの間にか、自然に大好きになっていた。
人間的にも、女性としても。
その頃には結構喋れるくらい仲良くなってて、といっても先輩は誰とでも仲良いんだけど、一緒のバンド組んで、帰りに二人でラーメン食べたりとかそんなくらいの距離感にはなれてた。
後輩だけど一応面子もあるから、俺が奢るってしつこく食い下がっても、一度も奢らせてもらえなかった。
いつも「まぁ気にすんなよ少年。」って男前な笑顔で、はぐらかされるだけ。
そんな先輩は、まぁ実際モテてて、他大学と合同ライブとかよくやってて交流があるんだけど、それの打ち上げとかでもイケメンバンドマンに口説かれてる姿なんてよく見かけてた。
過去の男関係は知らないけど、その時は彼氏居ないのは調査済みだったので、駆け引きとか何にも無しで、いきなり直球で告った。
今思うと、流石に無謀な告白の仕方だったと反省している。
たしか、入学半年後くらい。


323 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:40:20.92 ID:VeZltx4N0 [4/31]

当然振られた。
俺が駄目とかじゃなくて、彼氏が欲しいとかそういう気分じゃないって事らしかった。
両手を合わせて「ごめんね?」と何度も謝ってくる先輩に申し訳ないとすら思ったし、逆にその姿を見て余計好きになったりもした。
「彼氏作る気無いんですか?」
「うーん。まぁそうだね。そんな感じじゃないんだよねー。」
「好きな男とかは?」
「え?あはは、まいったね。何か照れくさいね。うん。いないよ。」
「じゃあ俺先輩のことしばらく頑張っていいですか?諦めれそうにないです。やっぱり迷惑ですか?」
「え?あ、そ、そうなの?......なんかキミ直球だね。」
そう言いながら狼狽える先輩の笑顔は、どことなくくすぐったそうというか面はゆい感じが見て取れた。
先輩は照れ笑いを浮かべながら、困ったように視線を宙に向け、頭をポリポリ掻きながら
「えー、あー、うーん。」
と何か思い悩んでいたようだった。


324 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:40:44.77 ID:VeZltx4N0 [5/31]

「別に○○君がそれでいいならそれでもいいけど......でも他に探したほうが......。」
「俺先輩以外とか、今はとても考えられません。」
先輩は俺みたいな愚直な告白に免疫が無かったらしく、照れ笑いを浮かべながら
「やー、あー、う、うん。あ、ありがと。嬉しいよ。てかこういうの照れるね。たはは。」と
赤く染まった頬を両手で抑えながらそう言った。
俺は振られたショックよりも、真っ向から気持ちを伝えられた充実感と、満更でもなさそうな先輩の反応を見て、少しでも先輩に近づけたんだと期待で胸を膨らませていた。


325 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 16:41:16.86 ID:VeZltx4N0 [6/31]

それから俺と先輩の、後輩以上恋人未満の付き合いが始まった。
といっても、しばらくは特に以前と何も変わらなかった。
一緒のバンドで、一緒に練習して、一緒にライブして、一緒に打ち上げしてって感じ。
当然他のバンドメンバーもいるし、サークルの仲間もいる。
お互いバイトもあれば、講義だってある。
二人きりで遊びに行ったりは、物理的に不可能な日々が続いてた。
それでも毎日メールを交換したりしていて、少しづつではあるけど、日に日に先輩との距離は縮まっていくのが確かに実感出来た。
キーボードをやっているのは、昔ピアノを習っていたから。
牛乳を飲んで、口元の産毛が白くなる人が嫌だということ。
父親がゴルゴ13が好きで、家に全巻あって読破していること。
少しづつ先輩は、そんな自分のことを教えてきてくれたりした。


326 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:03:22.25 ID:57KieIIN0 [1/4]

続き待ってまーす


327 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:08:34.23 ID:VeZltx4N0 [7/31]

そんなある日。ライブなどのイベントが一斉に片付いて漸く落ち着いてきたころ、先輩から
「もし良かった買い物に付き合って欲しいな。」
と連絡。
当然即答でOK。
まさに舞い上がるとはこの事だと言わんばかりに、携帯片手に飛び上がってはしゃいだのを覚えてる。
どうしても高ぶる気持ちが抑えきれなくて、そのまま外を走りにいったりもした。
当日、ばっちりお洒落を決め込んだ俺とは対照的に、先輩はいつもと似たような服装ではあったけど、少しだけいつもより化粧が濃かった。
デートは勿論楽しくて、ただまぁ正直にいうと緊張しすぎてて普段通り振舞えなかったけど。
それでも先輩は、ずっと楽しそうにニコニコしててくれてた。


328 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:09:48.42 ID:VeZltx4N0 [8/31]

商店街を散策中、先輩がふと可愛いと目をつけたヘアピンをプレゼントした。
数百円だったから、重荷にはならないだろうと思ったけど、先輩はそれでも受け取ることに難色を示してきた。
なんとか強引に渡すと、先輩はいつも通り、照れくさそうに頭を掻いて笑いながら
「ありがとう。」と受け取ってくれた。
その後悪いから、と先輩からも、先輩が選んだギターのピックをプレゼントしてくれた。
デートが終わった後メールで
「今日はいつもより綺麗でした。」と送ると、
「どーせいつもは綺麗じゃないですよ。」と
なんだかお決まりのやり取りをしつつ、
「いつもより化粧気合入ってました?」と尋ねると
「まぁ一応デートだしね。」と答えてくれた。
「いつもの先輩も好きだけど、すごい綺麗で惚れ直しました。」
「うあ。そういうの止めて。本当恥ずかしくて死にそう。」
その晩は、ずっとピックを手の中で転がしながら、ニヤニヤと眺めていた。


329 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:12:46.04 ID:VeZltx4N0 [9/31]

その翌日、先輩の友達から
「ねえねえ○○君。昨日ヒカルのワンピースどうだった?可愛かったでしょ?」
と聞かれ、何のことかわからず問い返してみたら
「え?ヒカル買ってたよ。デート用にって。あたし付き合わされたんだもん。」とのこと。
「いつもと同じ服でしたよ。」
「ああじゃあ恥ずかしかったんじゃない?そんなの殆ど着たことないみたいだし。『こんなスースーしたもん着れるかぁ!』って顔真っ赤で言ってて超ウケたし。」
「え?でも買ったんですよね?」
「○○君とのデート用にね。でも『いきなりこんなの着てったら引かれない?気合入りすぎと思われない?』って
何回もしつこく聞かれたから、多分そういう事なんじゃないかなぁ?」
俺は有頂天になって、ニヤニヤを隠し切れずにいると、先輩の友人は、
「あいつ○○君みたいに熱い告白されたことないから戸惑ってるみたいよ?」
と肘で突付きながら教えてくれた。


330 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:15:16.78 ID:VeZltx4N0 [10/31]

俺は急いで、次のデートの約束を申し入れた。
「次休みの予定が合う日があったら、遊びに行きませんか?」とメール。
「ていうか今から休み合わせようよ。どこ行くどこ行く?」と先輩。
もうすっかり秋も深まった季節だったけど、頭の中は桜が満開だった。
そんな時だった。
大学で、俺の友人Aが話しかけてきた。
「お前最近ヒカル先輩と仲良いのな。」
「ま、まぁな。バンド一緒だし。」と誤魔化す。
俺が先輩を好きなのを知ってるのは、先輩と先輩の友人だけだった。
俺の態度から勘付いてる人もいただろうけど、公言していたわけではなかった。
Aは「付き合ってんの?」と聞かれ、俺は慌てて「いやいや。」と首を振った。
Aは安心したように笑い、「なんだ、じゃあもうヤッた?」と聞いてきた、


331 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:15:56.85 ID:VeZltx4N0 [11/31]

Aは元々ちゃらい奴で、悪い奴ではないけど、見た目もイケメンだけど軽そう。
というか実際軽く、女関係の噂も絶えない奴だった。
だからいつもの軽口だと思い、「なんでだよ!」っと冗談めかして突っ込みをいれた。
でもAはきょとんとした顔で、「そうなん?(友人)Bももうやってんのに。お前もお願いしてみれば?」
俺は何のことかわからず、というかわかってたけどわかりたくなくて、頭の中がトマトが潰れるみたいにグチャってなった感覚があった。
俺が呆然としてると、Aは「お前一番仲良いんだから余裕だって。いっとけいっとけ。」と笑いながら言った。
「え?いや、でも先輩。え?」と思考が停止したままの俺に対してAは俺の肩にポンと手を置き
「騎乗位で腰振らせてみ。グラインドすげーぜ。フェラも激ウマだし。」となんのてらいもなく、無邪気そうにそう言った。


332 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:16:43.54 ID:VeZltx4N0 [12/31]

「......え?なに?お前らってそういう......関係?」
と漸く声を振り絞った俺に対し、
「いや。別に。ヤリ友ってだけだし。」
と億劫そうに煙草を吹かしはじめた。
煙草をひとしきり吸うと、Aはニカっと笑い、
「今度Bと3人でやるつもりだけどお前も来る?」と提案してきた。
俺は吐き気や悪寒に襲われてたけど、きっと何かの間違いだと思い、
「あ、いや。今日バイトだから......」とその場を退散した。
その際Aは、「おい大丈夫か?」と心底心配そうにしばらく一緒に歩いてきた。
俺はそれを「大丈夫。大丈夫だから。」と繰り返して追っ払った。
その後、気がついたら家で突っ伏して寝ていた。
本当に、道中の記憶はあんまり無い。
バイトがあったが、無断欠勤した。
動けなかったから。


333 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:18:02.90 ID:VeZltx4N0 [13/31]

気づくとメールが3通。
一つはAからで、「さっきの話はここだけって事でよろしく。□□先輩とか△△先輩とかヒカルちゃんにガチじゃん?」
もう一つはヒカル先輩からで、
「ちょっと調べてみたんだけど、○○ってカフェが良いらしいよ?明日のお昼って予定ある?どうかな?お姉さん奢っちゃうよ。」
最後は先輩の友人で、
「次のデートは気合入れてワンピ着てくらしいよ。ちゃんと褒めてあげなよ。」
もう何がなんだかわからず、とにかくヒカル先輩にだけ、
「わかりました。勿論OKです。」と返信をした。
一睡も出来なかった。
最初のデートの時もそうだったけど、理由は間逆だった。
何も考えれず、ただ枕に顔を押し当てて、朝を待った。
その間、ヒカル先輩から
「明日楽しみだね。あと明日新しい服着てくから、絶対笑わないでね。」
とメールがきた。
一言「はい。」とだけ返信した。
日が昇ると、やはり何も考えれず、それでものそのそと準備をして、待ち合わせ場所に向かった。


334 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:18:48.19 ID:VeZltx4N0 [14/31]

先輩のワンピースは、反則的なまでに可愛かった。
先輩は照れくさそうに身体をモジモジさせ、ずっと落ち着きなくそわそわしていた。
俺の口からは、自動的に先輩を褒め称える言葉が出た。
先輩をそれを受けて、顔を真っ赤にしていた。
俺の様子は明らかにおかしかったと思うが、俺は普段から表情も少なく、感情も見え辛いキャラらしいので、最初は先輩も違和感に気づいてなかったんだと思う。
でも途中から、
「大丈夫?具合悪いの?」
と頻繁に聞かれ、その度に否定していた。
デートを楽しんでないと思われるのが嫌で、必死で作り笑顔を浮かべ続けた。
先輩の楽しそうな笑顔や、心配そうな顔を見るたびに、胸が高鳴り、それと同時に、Aの言葉を思い出しては締め付けれれるように痛んだ。
この後に及んで何かの間違いだと思いたかった。


335 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:19:49.97 ID:VeZltx4N0 [15/31]

デートは日が暮れると同時に終わった。
別れ際、先輩は俺を呼び止め、
「前に○○君があたしに言ってくれた事ってまだ有効?」と尋ねてきた。
一瞬何のことかわからずに立ち尽くしていると、
「だから......その、告白してくれたじゃん?」
とはにかみながら、上目遣いで眺めてきた。
Aの言葉が頭をよぎったが、それでも俺の首は自動的に縦に動いていた。
実際好きだったし、好きでいたかったから。
先輩は安心したように、ぱぁっと笑顔を咲かせて、「そっか。」と言うと、踵を返して足早に地下鉄構内へ去っていった。
それでも何度もこっちを振り返っては、ぶんぶんと手を振ってくれた。
その数十分後、
「ちゃんと○○君の気持ちに応えられるよう、毎日一生懸命色々と考えてます。もうちょっとだけ時間を下さい。○○君との事、真剣に考えてます。」
とメールが来た。
この短期間に起きた出来事を、上手く消化できずにいた俺は、ただとぼとぼと家路につくしか出来なかった。


336 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:20:55.59 ID:VeZltx4N0 [16/31]

その晩。Aから電話。「今ヒマ?」晩飯の誘いだった。
実際ヒマだったし、この間のことを、いつかはきちんと聞かなきゃと思っていたから誘いに乗った。
呼び出されたファミレスにはAが一人でいた。
いつも軽薄そうにヘラヘラしてるAは、珍しく何やら難しそうな顔をしていた。
席につき、微妙な空気な中食事もそこそこ進むと、Aから核心を切り出してきた。
「なぁ?お前ヒカルちゃんと付き合ってんの?」
俺は無言で首を横に振った。
「ふぅん。じゃあもしかして好きなん?」
一呼吸置いて、黙ったまま頷いた。
Aは、それを見届けると額に手をあて、「マジかー。」とうな垂れた。
顔を上げると、「悪かった。マジで。」と、罰が悪そうに謝ってきた。
俺はそれを聞いて、間違いじゃなかったんだと悟り、何か自分の中で糸が切れてしまい、涙を零してしまった。


337 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:30:59.22 ID:57KieIIN0 [2/4]

dkdk


338 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:37:39.44 ID:fkxIQGqk0

早くエロイ展開プリーズw


339 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:44:39.94 ID:mDpf6Vk30

なんか読んでるだけで胸が押し潰されそう...。


340 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 17:45:47.29 ID:luOzj6cX0

ヘタレだな。過去のことなどどうでもいいだろ。しっかり受け止めてやれよ。
どうせ出来なくてバッドエンドになるんだろうが。


341 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 19:21:19.45 ID:7i2wlYXA0 [1/2]

>>336
有無を言わさず支援
早く続きを



2011年4月29日 | Category : H体験談 | Comments [0] | Trackbacks [0]
アクセスランキング
プロフィール
ヒロム
Author:ヒロム
ヒロムです、どうもこうもこんにちは。

このサイトでは息子弄り覚えたてな中学生の自慰の様にエネルギッシュかつ全てにおいて熟練した中高年の自慰の様にマイルド&ワイルドな僕の枕元のオナペッツ達を紹介しています。sdfghjkふじk

コチラは水面下で人気の企画、
ふじこさんの・・・
ふじこさんの性少年相談窓口
絶賛相談受付中!

15のエロ掲示板
試験運用中!タレコミ雑談何でもござれ!

∵お問い合わせはコチラ∴
ファンレターとかもください
エロい体験談リンク

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.vipelog.org/mt/mt-tb.cgi/4774


Copyright(C) 2010 エロ体験談で抜けるコピペ All Rights Reserved.
掲載文書に問題がございましたら、誠にお手数ですが下記よりご連絡ください。即刻、削除などの対応を致します。
お問い合わせはコチラです
アクセスランキング
  • SEO
  • loading
  • エロ体験談で抜けるコピペ